その思考法は、断捨離旋風を巻き起こし、ついには、中国、フランス、イタリア、スペインなど世界十数カ国への進出を実現する原動力となった、、、、石川県在住の一介の主婦に圧倒的なサクセスストーリーをもたらした最大の秘密にアクセスする準備はできていますか?

 

あなたは、不思議ではありませんか? なぜ、10年ほど前まで石川県に住む一介の主婦に過ぎなかった彼女が、日本中に断捨離旋風を巻き起こすまでに成功できたのか、、、と

 

それだけではありません。

 

一介の主婦に過ぎなかった彼女が今では、ビジネス、医療、メディアなど各界の専門家から非常に高く評価され、企業や官庁等からアドバイスを求められています。内閣府に頼まれて、大臣の諮問委員になったこともあります。なぜ、少し前まで一介の主婦だったやましたひでこが、各界の専門家たちに高く評価されるようになり、意見を求めるまでになったのか? あなたは、不思議に思いませんか? 

 

もしあなたが、やましたひでこに圧倒的な成功をもたらした思考法に関心があるのなら、少し手を休めて、このページを読んでみてください。きっと後悔しないはずです・・・・

 

思い浮かべてみてください・・・

 

ある地方都市の閑静な住宅街に、2人の主婦がいます。2人はとても良く似ています。

 

2人とも同じ大学を出て、成績も同じくらい。2人とも結婚し、主婦になりました。2人とも子どもがいて、家事に子育てに一所懸命にがんばっています。2人とも、子育てが終わったら、何かに挑戦してみたいと思っていました。子育てが終わったあとの人生を豊かに生きるために、思い切ったことをやってみたいと思っていました・・・・

 

しかし、、、、

 

 

この2人には、ただ1つ、違いがあります。

1人の女性は、未知の世界にどんどん挑戦していきました。経験したことがないことに直面しても、着実に階段を昇るように問題を解決していきました。しかし、もう1人の女性は、心配や不安ばかりが先立ち、前に進めずにいました。そして、時間が経っていきました、、、、、

 

1人は、相変わらず不安に押しつぶされることはありません。過去に経験したことがないことや誰も教えてくれなかった未知の出来事に直面したときでも、自分にできること、できないことを整理し、できることを着実に実行していきました。一方、もう1人の彼女は、とうとう前に進みませんでした。「自分にできるかな」「失敗したら、どうしよう」という不安に縛られ、時間だけが経っていました。

 

こうして、2人の子育て後の時間が過ぎていきました。さて、あなたにここで質問があります。10年後、2人のうち、

 

 

どちらが人生に満足していると思いますか?

その答えは、言うまでもないでしょう。2人の差は、決して能力の差ではありません。頭の良し悪しでもありません(だって、同じような学校を出ているのですから)。夫の職業や、実家の経済力でもありません。根性や精神力でもありません。2人には、能力や条件面で、明確な違いはなかったのです。

 

それは、ちょっとした違いでした。なかなか前に進めなかった女性が慎重で生真面目だったのに対して、果敢に人生を切り拓いた女性はとても面倒くさがり屋でした。そして、面倒なことがとても苦手でした。ですから、何かあると「要するに、ポイントは何?」と問いかける、せっかちな部分がありました。そして、そこに、秘密があったのです。結論を言うと、2人の命運を分けたのは「シンプルに考える」ことができるかどうか、そこだけだったのです。

 

当たり前のことですが、

 

 

未来に起こる問題は、過去の経験だけでは
対処できません。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」とは、世界史にその名が刻まれたドイツの名宰相ビスマルクの言葉ですが、過去に経験したことがないことというのは、経験がないわけですから、「自分の経験則」では解決できません。

 

ましてや、未知のことというのは、不安をかき立てられるもの。よくわからない問題というのは、さらに複雑化する傾向が強いものです。そして、問題が複雑化すればするほど、思考や心が混乱します。問題解決から遠ざかります。

 

だからこそ、経験したことのないことに取り組んだり、未知の問題を解決していくには、理詰めで仮説を立てるしかありません。解決策を知らないのですから、推測するしかありません。これから何が起こり、何が起こらないかを理詰めで論理的に予測するしかないのです。当たり前の話ですよね?

 

そして、そのためには、、

 

 

複雑な問題を整理し、本質をシンプルに
捉えなければなりません。

なぜなら、解決すべき問題が絞り込めなければ、効果的な解決策を組み立てることができないからです(複数の課題を1人の人間が1つの策によって一網打尽にすることは可能ですが、複数の課題を複数の解決策で1人の人間が並行して解決することは不可能だからです)。

 

仮に今、あなたが何か困っていることがあったとします。その問題を解決するために、1つのことに取り組むことと、3つや5つのことに取り組むこと。どちらが、効果的だと思いますか? やることが少ないほうが、物理的にも、精神的にもラクですよね? 問題に集中できますよね?つまり、これこそが、

 

 

「シンプルに考える力」の破壊力

なのです。シンプルにする力は、あなたの思考を研ぎ澄まし、あなたの人生を劇的に変化させます。逆に言うと、このシンプル化の能力がないことは、決定的な弱点になります。だって、そうですよね? 

 

問題がシンプルになるということは、物理的にも心理的な面でもムダな要素を削ぎ落として、本質がハッキリするということです。シンプルにできなければ、どこにポイントがあるのか、わかりませんよね?

 

本質がハッキリすれば、余計なことにエネルギーを奪われることがなくなります。「最大の効果を発揮しうる、絞り込まれたポイント」にだけ力を注ぎこむことができます。しかし、ポイントを絞りきれなければ、どこからどう手をつけていいかわからないですよね?

 

やることが明確になると不安が軽くなる一方で、モチベーションも上がりますから、心理的にも好循環。少ない労力で最大の効果を発揮するポイントに対して、物理的かつ心理的に最大のエネルギーを注ぎ込むことができますから、力強く未来に立ち向かえます。しかし、逆だとどうでしょう? 心理的に追い詰められてしまうのではないでしょうか?

 

物事をシンプルに考えられれば問題解決そのものが簡単になりますが、シンプルにできなければ遠い遠い道のりになってしまいます。問題が解決すればまだいいですが、悪化させてしまうかもしれません(きっと、その可能性のほうが大きいでしょう)

 

要するに、問題を整理し、シンプルに捉える力があれば、人生が切り拓かれていくのです。そして、シンプルに整理できなければ、いつまでも同じところに留まる確率があがってしまうのです。

 

そして、この「シンプルに考える力」こそが、

 

 

断捨離のやましたひでこを現在の地位にまで
引き上げたもの

でした。シンプル化とは、本質を見抜く力に他なりません。つまり、「余計なものを見抜き、絞り込むことで、問題の本質をシンプルにあぶり出す」ための力。もし、やましたにシンプル化の能力がなければ、今日の断捨離はなかったことでしょう。シンプルにする力とは、人生を切り拓いていく武器となるのです。

 

井原西鶴はその作品において、「始末十両、儲け百両、見切り千両」という言葉を残しています。何がリスクか、リスクでないかをきっちりと見極めること、つまり、複雑に絡み合った問題に直面したときにでも、「要するに、これが問題だよね」とシンプルにできることは、1000両の価値があると言っています。

 

考えてみてください、、、、

 

まだ経験していない未来に、これから何が起こるのかがわかれば、不安に押しつぶされることはありませんよね。また、一見、解決が難しそうに思える未知の問題に直面したとしても、「できること、できないこと、少し頑張ればできること」という風に細かく分解することができれば、できるところから少しずつ問題が解決していけます。つまり、物事をシンプルにしていく力が備わるということは、、、、

 

 

未知の問題に直面したとしても、困ることがなくなる

ということではないでしょうか。やましたを現在の地位にまで引き上げた能力、つまり物事をシンプルに理解する思考の技術があれば、この先の人生をもっとリラックスして生きていけると思いませんか?

 

不安を恐れるあまりに遠回りすることなく、最短距離で自分の行くべき道をあるくことができると思いませんか? 

 

たとえば、離婚、就職、あるいは結婚、介護、、、こうした経験したことのない人生の問題に直面したとき、シンプルにポイントを絞り込んでいけたとしたら、もっと自在に人生を楽しめるようになると思いませんか?

 

それが今日、あなたに向かって、この手紙を書いている理由です。そうです、、、、

 

 

あなたが「やましたひでこ」になる簡単な方法

をお伝えしたくて、この手紙を書いているのです。

 

やましたの思考の技術を実行するには、頭がいい必要はありません。本質をシンプルに考えようとする姿勢があり、いくつかの原則を着実に実行することで、誰でもできるようになります(誰でもシンプルに実行できることも、特徴の1つなのです)。世の中には、「勉強ができる子ども=生まれつき頭の良い子で、親も頭がいい」的な思い込みがありますが、間違いです。思考力は、時間と情熱を注ぐことで、飛躍的に鍛えることが可能です。

 

そもそも、やましたひでこだって最初からバシっと問題をシンプルに整理できたわけではありません。断捨離の実践を通して、その力を少しずつ磨き上げていったのです。片づけに限らず、何か知らないこと、複雑に思えることに直面したときには、何が重要で、何が重要でないのか、そうした要素を絞り込むことで、問題をシンプルにしていきました。そうした思考を繰り返すなかで、自らの思考を、「複雑な物事をシンプルに整理するための思考の技術」にまで研ぎ澄ましていったのです。だから、きっと、あなたも同じようにできるようになるでしょう。

 

しかも、あなたは、その力を手に入れるために、遠回りする必要はありません。30年以上をかけて磨き上げられた、「シンプルに考える」ためのメソッドを、すぐにでも手に入れることができます。やましたのように、試行錯誤の30年を過ごす必要はありません。やましたは30年以上の歳月をかけて、「複雑な物事をシンプルに整理する」ための思考の技術へと体系化してきました。すでに、「シンプル化するための思考の技術」は存在します。それさえ手に入れば、あなたも「やましたひでこ」のようになれるのです。

 

 

やましたひでこが見えていて、
あなたに見えていないもの

やましたひでこは、複雑な物事をシンプルに理解しようとする姿勢によって片づけの問題の本質を発見し、「断捨離」にたどり着きました。その後、地元でご近所の方向けに行っていたセミナーが評判を呼び、東京ほか全国でも開催されるようになり、ついには書籍がベストセラーになりました。全国に断捨離旋風が巻き起こり、2010年には流行語大賞にもノミネートされるほどの大成功を収めました。テレビ、新聞、雑誌でも多数取り上げられ、一介の主婦が発案したメソッドが今では、日本を代表する企業の研修に取り上げられるようにもなっています。以前は、片づけ=収納というイメージがありましたが、そうしたイメージを覆し、いまでは断捨離こそが片づけの代名詞となっています。

 

これらが短期間で実現したのも、わからないことや複雑なことの本質をバシッと絞り込む力=「シンプルに考える力」があったからこそ。だからこそ、未知の出来事に直面しても未来を切り拓き、混乱することなく、的確に多くを成し遂げられました。そして、シンプル化の能力を武器にして、前へと進んでこれたのです。

 

やましたの「シンプルに考える力」を支えたもの、それをやましたひでこ本人は、「俯瞰力」と呼んでいます。

 

 

あなたに今日、その他大勢の人が知らない「問題のポイントを絞り込む思考の技術」をお届けします

 

やましたひでこの最新プログラム「断捨離実践プログラム 未来不安が軽くなる思考の断捨離~自由自在に生きるための俯瞰力養成講座」とは、物事の本質をシンプルに理解する思考力=俯瞰力について体系的に学んでいただくために開発されたプログラムです。このプログラムは、あなたが人間として成長する上で、とても役に立つことでしょう。たとえば、、、、

 

  • よくわからないことに取り組む時に、本質をシンプルに整理でき、混乱することがなくなる
  • 何か困ったことがあっても、問題をシンプルできるようになるので、なんとかできるようになる。つまり、困らない
  • 何か未知のことに挑戦するときに、「失敗しても、この対策があるから大丈夫」と思い切って挑戦できる
  • 例えば、離婚や結婚など環境が変わるときに、「何が問題なのか?」を絞りこめるようになる
  • 何をやればよくて、何をやってはいけないか。それがハッキリするので、心理的に不安に感じことがなくなる
  • いつもどこか精神的に落ち着かないところがあったあなたが、もっとリラックスできるようになる
  • これから先の人生を、不安ではなく、喜びに焦点を当てて生きられるようになる

 

といった、変化を経験する第一歩になるはずです。未知の問題に対して不安に押しつぶされることなく、冷静に対処できるようになり、安定した気持ちで楽観的に生きていける、そんな、あなたになるのに役立ちます。

 

つまり、このプログラムは、やましたひでこのように、

 

 

「勇気と覚悟のある楽天家」に生まれ変わるための
プログラム

なのです(なぜ、楽天家になれるのか? その理由については、おわかりですよね? 問題をシンプルに整理できるので、悩むことに使う時間を減らせるからです)。

 

俯瞰力のポイントは、3つ。

 

・「関係性を見ること」

・「3つに分類して考える3分類思考」

・「己の心理的な動機を確認すること」

 

です。以下、具体的にご紹介していきましょう。

なぜ、思考が磨かれる?
プログラムの具体的な内容は?

このプログラムは、やましたひでこの集大成の6部作・断捨離実践プログラムシリーズの第4弾になります。断捨離実践プログラムシリーズとは、やましたひでこが30年以上に渡って蓄積してきたフレームワーク(知の枠組み。専門性を伴った視点)を学べる講座で、2017年以降に始まる断捨離検定1級のテキストになります。そして、断捨離検定1級取得者のみが、断捨離トレーナー講習の受講資格者になります。つまり、断捨離を体系的に学んでプロになりたい方、あるいは、体系的に学ぶことで人として成長してゆきたい方のためのプログラムが、この実践プログラムシリーズになります。

 

第1弾『「捨てる」ための心理学』では、「捨てられない」という心理について体系的に解説しました。片づけたいのに片づけられないのは、モノを捨てられないから。そして、モノを捨てられないのは、その深層の心理について理解できないから。第1弾では、豊富な事例やストーリーを踏まえて、こうした捨てられない心理について理解を深めました。

 

第2弾『幸せになるための「捨てる」技術』では、幸せになるための捨てる技術を解説しました。捨てる作業は簡単ですが、捨てると決心することは、大切なこと。捨てて後悔しないようにするためには、そして後悔によって片づけられない状態に戻らないためには、これからの人生に何が必要で、これからどうありたいのか自分の心と向き合って確認する必要があります。捨てることで幸せになるためのプロセスをステップバイステップで解説したのが、第2弾です。

 

第3弾『ストレスを断捨離するための空間の作り方』では、モノを減らすことがいいことはわかっているが、どこまで減らせばいいのか。減らした環境の中でどう暮せばいいのか。どんな点に注意しないとリバウンドしてしまうのか。やましたひでこの自宅や断捨離トレーナーを例にしたケーススタディを用いて、少ないモノで、手間なく(ラクして)、豊かに暮らす方法を「見てわかる」式で解説。少ないモノで豊かに、それでいて、ラクに暮らしてストレスを溜めない家づくり、暮らし方が学べるプログラムです。

 

そして、今回の第4弾『未来不安が軽くなる「思考の断捨離」』では、やましたひでこを今日の成功に導いた「俯瞰力」、つまり、心配事や複雑なことから余計な部分を削ぎ落として、問題の本質をバシっと絞り込むための「思考の断捨離」の技術を学びます。以下、詳細です。

 

 

 

プロローグ

あなたの思考を磨く俯瞰力のススメ

 不安に潰されないための頭と心の技術

 

プロローグであなたが学べること

  • 断捨離で思考力を磨くために知っておきたい1つのこと
  • あなたの思考を歪ませ、悪循環に引きずり込む脳と心のメカニズムとは?
  • 自由自在にご機嫌に生きるための2つの条件
  • なぜ、「過去の経験」があなたの人生の足かせになるのか?
  • あなたが「問題解決型人間」に変わるために必要なこと
  • 思考停止する人、何でも突破する人、違いを生み出す考え方の習慣

--他

 

PART 1

俯瞰力と「今の私」で得るもの

 幸せになるための条件

 

よく知らないこと、心配なことがあったときに「要するに、ポイントはこれだよね」とバシっと問題の本質を絞り込めれば、人生はとてもシンプル。そのためには余分な要素をガッツリと削ぎ落とすための「俯瞰力」が重要です。どうすれば、ポイントを絞りこめるのか。俯瞰力をどう身につければいいのか? ポイントは、「関係性」「ブレークダウン」(問題の細分化。断捨離では、3分類の法則によって、)「動機の確認」の3つ。人生をシンプルにする俯瞰力とは何か? どうすれば、俯瞰力をマスターして、問題の本質をバシっと絞りこめるようになるのか? あなたが知らなかった「思考の断捨離」のポイントがわかります。

 

PART1であなたが学べること

  • 俯瞰と客観、何がどう違うのか? なぜ、客観では不十分で、俯瞰が必要? 知らなかったポイントとは
  • 人やモノを見てはいけません。必ずこの「関係性」を見ること。そうしないと全体が見えません
  • なぜ、「ストーリー」を俯瞰することが重要なのか?
  • 俯瞰力があなたにもたらす2つの変化とは?運が良い人、トラブルが多い人、その違いはちょっとしたこと
  • リアクションではなく、レスポンスすることが重要。そうしないと、人生そのものを喪失する
  • 不安や心配な要素を理詰めで潰せる人、潰せない人、同じ人生でもこんなに差が出る
  • 「健全な自分軸」と「自分勝手軸」、ポイントを間違えるとどんなしっぺ返しに合うのか?
  • 人間関係のポイントが読めないことで失敗する6つのパターン
  • あなたの人生を決定づける「関係性」を健全に築くために重要なポイントとは

--他

 

PART 2

俯瞰力を鍛える3分類の法則

 本質の理解に役立つ思考の習慣

 

どんな問題でも、細かく分解して考えられれば、対処法が見つかるもの。なぜなら、1つ1つの要素は、そんなに大きな問題ではないからです。そして、細分化することで、「要するに、問題はこれ!」と問題を1点に絞りこめるようにもなります。俯瞰力のポイントの1つであるブレークダウン。ここでは、「3分類の法則」によってブレークダウンする方法を学びます。なぜ、2分類(これ、たくさんの人がやりがちで、失敗の原因になるんです)だとダメなのか?3分類で実現するす抽象化の効用とは? やましたひでこの家づくリ等を参考に、効果的に問題を細分化することで物事の本質をシンプルに整理する方法論を学びます。

 

PART2であなたが学べること

  • なぜ、「細かく分けて考えること」で、厄介な問題をシンプルにできるのか
  • あなたの俯瞰力=ポイントを読み切る力を倍増させる「3分類の法則」とは
  • なぜ、「2分類」だと不十分で、4分類だと多すぎるのか?
  • ポイントは、「3つに分ける」ことではなく、「3つに分けて考えてみる」こと
  • 「白か黒か」「正解か不正解か」と択一で考える人が陥りがちな落とし穴
  • あなたが「3分類思考」で手に入れられる4つの力と2つのメリット
  • 3分類の法則を効果的に実行するための3つの方法。これで俯瞰力がグレードアップ
  • この発展型を実行することで、あなたの問題解決力と本質力がさらに向上
  • 俯瞰力を強化するために知っておきたい「3分類」の5つのパターン
  • 「不安」の3分類、この切り口でわけると「恐れの正体」が見えてくる?
  • 「言葉」の3分類、この3パターンから考えるとコミュニケーション力が増す
  • 失敗しない「3分類の法則」の使い方。これで悪循環を断ち切れる

--他

 

PART 3

観念の断捨離とは

 あなたの無自覚な原動力を自覚する方法

 

物事をシンプルに整理する上で、絶対に忘れてはいけないのは、自分の感情に左右されないこと。感情に左右されると、物事の実態をありのままに見ることが難しく、判断が狂ってしまうからです。では、感情に流されずに、「要するに、ポイントはここ」とバシっと問題を絞りこめるようになるには、どうすればいいのか?  それは、あなた自身の感情を生み出す「観念」を知っていくこと(人は知らず知らずに、親の観念を引き継いでいたりします)。ここでは、3分類の法則を使って観念を断捨離する方法を学びます。自分が知らず引き継いでしまった観念を理解するために、何をやるべきで、何をやってはいけないのか? 自分とは何か?  そのポイントを知るための方法論を学びます。

 

PART3であなたが学べること

  • 私たちの心を揺さぶり、思考力を狂わせるのもの
  • なぜ、「観念」を断捨離することで、思考力=俯瞰力が鍛えられるのか?
  • あなたの脳と思考を混乱させているのは、出来事ではなく、あなたの心そのもの?
  • 観念に無自覚だと失うもの、観念を自覚することで手に入るもの
  • あなたを縛り続ける「心のブレーキ」の正体
  • あなたが知らずに持ち続けてきた観念を断捨離する4つのステップ
  • 無自覚だった観念に気づくための「3つの質問」
  • 「観念との関係性」を正しく理解するための効果的な問い直し方とは
  • その観念が必要かを確認するなら、この4つのポイントを確認すること
  • 観念を俯瞰するために必要な視点の作り方
  • 私たちが「観念のなかに生きている」という現実をもっと自覚すべき理由
  • 人生が輝く人、心のブレーキに縛られる人、違いが生まれるのはここ
  • 「観念の3分類」、ここにポイントを絞れば、さらに見えてくる
  • あなたが採用しているのは「親の観念」か、「自分の観念」か? ここに無自覚だと人生を喪失します

--他

 

PART 4

観念の断捨離 ケーススタディ

 自在に生きるための3つのレッスン

 

人生のなかで最も難しいことの1つが、自分の核である観念を正しく知ること。なぜなら人間は、誰もが特定の「フィルター」(つまり、観念。先入観のようなもの)を持っていますが、そのフィルターを持って自分のフィルターが何かを見ても、なかなか見えてこないからです。体重を測るには体重計が必要なように、自分を正しく知るにための何かが必要です。人生を効果的に機能させるには、問題の核心をバシっと絞り込むこと。ここでは、断捨離を通して「観念の断捨離」に成功し、生まれ変わった人たちの実例を参考に、どうすれば自分の観念にたどり着けるのか、それを効果的に機能させるために、何をやるべきなのか等を学びます。他の人の例があり、やましたひでこが解説を加えていくので、これを参考にすれば自分自身を俯瞰できます。多くの人がやってしまいがちな勘違いなどもわかるので、「私が揺れやすいポイントは、要するにこれ!」とポイントをバシっと絞り込む上で役立つことでしょう。

 

PART4であなたが学べること

  • 「子どもを医者にしたい」と思っていたノリコさんが間違えていたこと
  • ノリコさんが抱えていた「後ろめたい感情」の落とし穴
  • なぜ、大量の靴を断捨離することで、人生が拓けたのか?
  • 「捨てられない」チヅコさんが抱えていた「無価値な私」という観念
  • その観念はなぜ、家族との間に大きな溝を作ってしまったのか?
  • チヅコさんが抱えていた「孤独感」を生み出していたもの
  • 離婚したことを言えなかったメグミさんの場合
  • なぜ、「親の価値観」が重大な問題になったのか?
  • メグミさんはどのように「親の期待」から抜け出せたのか?
  • 観念の断捨離を効果的に実行するために注意したいこと
  • あなたを思考停止させ、混乱に陥れるもの

--他

 

エピローグ

不安と生きるか、希望と生きるか

 俯瞰力の訓練が、あなたの不安を軽くする

 

俯瞰力のポイントとは、要するに「未知の問題のポイント」をバシっと絞りこめるようになること。なぜなら未来の問題は、経験則では解けないからです。不安を消していくには、これから何が起こるのかを正確に予測するしかありません。しかし、安心してください。俯瞰力が身につけば、あなたの予測の精度は上がります。物事を細分化し、できること、できないことを整理し、ポイントを絞り込み、あなたを迷わせている心の原因についても絞りこめるからです。課題を正確に分析できれば、迷いが吹っ切れます。そして、そこにあるのは、「不安」や「恐怖感」をベースにした人生ではなく、楽観的な気分で喜びを求めている人生の姿勢。ここでは、俯瞰力のある生き方=「勇気と覚悟のある楽天家」として生きる姿勢があなたにもたらすものを解説します。

 

エピローグであなたが学べること

  • 思考力を強化するための着手点とは
  • 「ブレない私」を作るために必要な2つのもの
  • あなたを幸せにする「3つの力」と俯瞰力の関係
  • 未来不安に悩まされたときに絶対に心得えるべきこと
  • なぜ、俯瞰力があるとあなたの未来が切り拓かれるのか?
  • 不安の人生から脱出し、喜びの人生を生きるために

--他

 

 

以上、プログラムについて、ご紹介しました。このプログラムであなたのものになる「俯瞰力」とは、つまり、あなたを不安にさせ、迷わせているものの正体が何かをバシっと絞り込むための、「思考の断捨離」の方法です。これがあれば、面倒なこと、厄介なことがあっても、活路を見いだせるようになります。何かあれば困ってしまったあなたが、「困らない」ようになります。もちろん、思考の断捨離だけでなく、家の片づけの問題にも役立ちます。あなたの人生を効果的に機能させるのに役立ちます。

プログラムを学ぶことであなたが得られる
5つのパワー

このプログラムを学ぶことで、あなたが得られるものについて改めて整理しておきます。

 

あなたが得られるもの1 思考の断捨離の技術

 

未知のことや複雑なことに直面した時に人が混乱してしまうのは、ポイントがわからないからです。「あれも、重要」「いや、こっちも重要かも」とぶれていては本質にたどり着けず、いつまで経っても問題が絞り込めません。そして、やましたひでこが今日の成功にたどり着けたのは、「要するに、ポイントは、これだよね!」とバシっとポイントを絞り込めたから。このプログラムを学ぶことであなたは、やましたひでこが30年の歳月をかけて磨き抜いてきた、「余計なものを削ぎ落として、ポイントを絞り込む」ための「思考の断捨離」の方法を身につけられるようになるでしょう。そして、それはあなたに、もっと大きな変化をもたらします。それは、、、、、

 

 

あなたが得られるもの2 問題をシンプルにする力

 

「思考の断捨離」の方法がわかれば、その方法を使って、あなたの人生の問題のポイントを絞り込んでいけます。 「何が問題で、何が問題ではないのか」「もし起こったときに、大きな問題になるのは何か?」「大変そうに見えるけど、実は大したことでないことは何なのか?」「自分は本当は何を恐れているのか?」等々、、、、やましたが教える「3分類の法則」(つまり、細分化の技術。しかし、一般の方法とはかなり違います)や「観念の断捨離」を実行することで、あなたの問題をシンプルにできます。問題が絞りこめれば、あとはそこに集中するだけ。今までよりも省エネで行けるので、もっと楽しいことに時間とエネルギーを使えるようになるでしょう。

 

 

あなたが得られるもの3 心を整理できる力

 

俯瞰力が実現する「思考の断捨離」。そのなかで最も困難なものが、「観念の断捨離」。なぜなら、観念こそが、あなたの感情の原点となっているからです。しかし、自分の心の核を知ることができれば、自分の本当の動機にも自覚的になれます。「なぜ、そんなつもりじゃなかったのに、私はこういう言い方をしてしまうのだろう」「なぜ、もっと素直になれなかったのだろう」と後悔することは誰にもよくあることですが、「俯瞰力」が身につけば、そうした自分の無自覚な部分にもアクセスしやすくなります。心を整理できれば、状況をありのままに見られるようになります。あなたの直面する問題がよりシンプルになることでしょう。

 

 

あなたが得られるもの4 「困らない私」「迷わない私」に!

 

不安なことや複雑なこと、つまり、あなたを困らせている状況をシンプルにすることができれば、その後はもっとシンプル。解決できることは解決し、できないことはあきらめる。一口に「あきらめる」といっても、あくまでも「細分化したあとの、できない部分」だけ。だから、「実は大したことないな」(それは、ひょっとしたら「なぜ、こんな小さなことで悩んでいたんだろう?」というような問題にまで分解できるかもしれません)と思えれば、覚悟を簡単に決められます。それは、つまり、不安なことに惑わされていたあなた、困っていたあなたが、「困らないあなた」になるということ。要するに、俯瞰力を身につけることで、あなたは生まれ変われるのです。不安や恐怖感をベースに生きてきたあなたが、「勇気と覚悟のある楽天家」に生まれ変わっていく自分を実感できることでしょう。

 

 

あなたが得られるもの5 人生を生きるパワー

 

問題の本質をシンプルにバシっと絞りこめるようになり、できることとできないことを分けて考え、勇気と覚悟を持って楽天家として生きられるようになれれば、いままでより人生を果敢に生きられるようになります。無駄な不安や恐怖感(そう、恐怖ではなく、恐怖感)に縛られることもなくなります。そもそも、「要するに、これをやればいいんだよね!」とポイントを絞り込み、やることがハッキリとすれば、体中から勇気とエネルギーが湧き上がってくるもの。思考力とは、パワーです。俯瞰力はあなたに、これからの人生を生きるパワーを与えてくれるでしょう。

ちょっと待ってください。
参加するかどうか迷っているあなたのために、
「あなたの思考の断捨離を応援!完全返金保証」
という保証をつけさせていただきます。

断捨離実践プログラムシリーズ第4弾『未来不安が軽くなる「思考の断捨離」』に参加していただくことで、あなたは、やましたひでこを成功に導いた、物事の本質をシンプルに整理する「思考の断捨離」技術=「俯瞰力」について学ぶことができます。俯瞰力を学ぶことであなたは、先のことを過度に心配したり、複雑なことに怖じ気づいたりすることが減るでしょう。俯瞰力を身につければ、いままで不安や恐怖感(しつこいですが、恐怖ではなく、恐怖感)を原動力にしてきたあなたが、喜びをエネルギーに生きられるようになるでしょう。これからの人生を、いままでよりパワフルに生きられる可能性がグっと上がるはずです。しかし、、、、、

 

こうしたプログラムに参加すること自体が初めてで、やっぱり、不安に感じられる方もいると思います。よくわかります。それは、当然のことです。だからこそ、「俯瞰力」に関心を寄せていらっしゃるのだと思います。ですから、私たちとしては、あなたに少しでも安心してプログラムに参加していただき、俯瞰力を学んでいただきたいと考えています。また、1人でも多くの方に安心して参加していただき、素晴らしいかどうかを体験していただかなくては、この俯瞰力の素晴らしさが世に広がっていくこともないでしょう。そこで、あなたが安心して学習していけるように、このプログラムに100%の返金保証をつけさせていだきます。題して、「あなたの思考の断捨離を応援!完全返金保証」という保証をつけさせていただくことにします。

 

この「あなたの思考の断捨離を応援!完全返金保証」があれば、あなたにはリスクはありません。やましたを今日の成功に導いた「俯瞰力」を学んで力強くこれからの人生を生きていけるようになるか、全額が返金されるか、そのどちらかしかありません。こうした馬鹿げた約束をしたら、あなたとしても、「本当なか?」とさらに心配になるかもしれません。ですが、安心してください。やましたひでこは、テレビや新聞、出版等でも活躍する有名人。多くの弟子を抱える「やましたひでこ断捨離塾」の塾長でもあります。また、経営科学出版は、やましたひでこと共に歩んできた会社(さらに、やました以外にもクライアントがいます)ですから、決して約束を破ることはありません。もちろん、返金させていただいた場合でも、返品は不要です。お役に立てなかったお詫びに、どうぞお受け取りください。

 

また、面倒な手続きは不要ですし、あなたに不快な思いをさせないこともお約束します。以下の連絡先に電話かFAXかメールでご連絡いただければ、すぐに解約できます。あなたを困らせるような質問をすることもありません。「申し訳ございませんでした」と丁寧にお詫び申し上げ、淡々と返金手続きをさせていただくことをお約束します。

 

【経営科学出版株式会社 カスタマーサポートセンター】
1:メールでの連絡:support■■keieikagakupub.com(■■を@に置き換えてください)(24時間受付)
2:FAXでの連絡:06-6268-0851(24時間受付)
3:電話での連絡:06-6121-6211(平日10時~17時受付)

 

※メールはまれに届かない場合があります。2営業日以内に返信がない場合は、FAXかお電話でお知らせ下さい。

 

このプラグラムで学ぶことであなたは、やましたひでこが30年以上にわたって磨き上げてきた、「余計なものを削ぎ落として、ポイントを絞り込むシ思考の技術」=「俯瞰力」を手に入れることができます。さらに、断捨離検定を取得し、断捨離トレーナーとなって、新たな夢へと人生を一歩進めることもできるでしょう。一方、もし仮にプログラムが役立たなかった場合には、30日以内にご連絡いただければ、100%全額を速やかに返金します。つまり、このプログラムに参加するにあたって、あなたにはまったくリスクはありません。あなたが失うものは、何もありません

 

気になる価格は?

それでは気になる価格ですが、、、このプログラムの通常価格は39,800円になります。

 

ちょっとしたオシャレな洋服やバックを買える金額になるので、少し「高い」と感じる方もいるかもしれまません。しかし、このプログラムの費用は、あなたがこれから先の未来を力強く生きるための投資です。あなたが今の年齢で、「余計なモノを削ぎ落として、問題のポイントをバシっと絞り込む」ための思考法(それは、やましたひでこを今日の成功に導いたもの)を学び、それをマスターするとしたら、あなたの人生は、どれだけ変わるでしょうか?  

 

思考力とは、武器そのものです。一度、コツをつかんでしまえば一生、使い続けることができます。何より、知的刺激を得ることは、人生を多いに活性化させます。ポイントを絞りこめるようになれば、お友達にアドバイスしてあげて、感謝されるようになります。お子さんや同僚の方に教えてあげることだってできるでしょう。この先、死ぬまで使えますし、あなたの人生を豊かにします。

 

もしこうした思考の技術を独力で手に入れるとしたら、どれだけの年月が必要でしょうか? それに、どれだけの費用がかかるでしょうか? この先のあなたの人生に与えるインパクトを考えたら、使ったお金に見合ったリターンを確実に回収できる、効果が100%保証された投資ではないでしょうか?(おまけに、100%返金保証付きです)

 

 

 

 

どちらの人生を選びますか?

繰り返しになるかもしれませんが、やましたひでこの今日を築いたのは、問題のポイントを絞り込む「俯瞰力」です。これがあったからこそ、断捨離が発展しました。そして今では、パナソニック、ジャパネットたかた、財務省など優秀な社員さんが集まる組織から、「断捨離だけではなく、やましたひでこの断捨離をベースにした思考を、職員の能力アップに役立てたい」と呼ばれるようになりました。内閣府から、「大臣の諮問委員に入って欲しい」と頼まれたこともあります。

 

あなたは今、その「俯瞰力」を学ぶチャンスを手にしています。

 

俯瞰力を手にいれることで、これからの人生を「覚悟と勇気のある楽天家」として生きるのか、これまでどおり不安や恐怖感に突き動かされるように生きるのか。それを自分の手で選ぶことができます。どちらを選ぶかは、あなたの自由です。

 

あなたに安心してプログラムにしてもらうために、100%の返金保証をつけました。これ以上、私たちにできることはありません。今度は、あなたが決断する番です。最後に、やましたからのメッセージをお届けしておきます。

 

お申込みは、簡単です。

それでは、準備ができましたら、以下の「今すぐ、やましたひでこの成功の秘密を手に入れる!」をクリックして、必要事項をご記入の上でお申込みください。

 

決済完了後にお申込み内容の詳細確認のメールが届きます。

 

断捨離実践プログラムで人間心理を深く学び、「正しく現状を理解する」ための視点を手に入れ、豊かな人生を歩んでください。

これから先の人生を快適で、充実したものにするための一歩を、今日から踏み出してみてください。

 

※上記ボタンからの申し込みはクレジット決済となります。

 


やましたひでこプロフィール

断捨離提唱者

やましたひでこ

 

・一般財団法人 断捨離® 代表

・東京都出身 早稲田大学文学部卒

 

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」 を日常「片づけ」に落とし込み、誰もが 実践可能な自己探訪メソッドを構築。

 

断捨離は、思考の新陳代謝を促す発想の転換法でもある。

 

処女作『断捨離』に続く、 『俯瞰力』『自在力』<いずれもマガジンハ ウス>の三部作をはじめ、著作・監修を 含めた関連書籍は国内累計 300 万部を超 えるミリオンセラー。 台湾・中国でもベストセラーを記録中。