断捨離のやましたひでこです。あなたは、自宅をパワースポットにする方法を知りたくありませんか?

 

 住んでいるだけで毎日のように運気がよくなってしまう「運を拓く空間づくりの秘密の設計図」があるとしたら、手に入れたいと思いませんか? この【招運空間】づくりには、才能や能力は必要ありません。ちょっとしたシンプルな原則を知っていれば、誰にでもできます。しかも、一度覚えてしまえば、いつでも、何度でもできます。お友達に教えてあげることだってできます。

 

もしあなたが、やましたひでこに圧倒的な成果をもたらした秘密に興味があるなら、少しお手を休めて、このページを読んでみてください。きっと後悔しないはずです・・・

 

まず、あなたに質問です。

 

【招運空間】づくりとは、どのようなものだと思いますか? インテリア選びでしょうか? モノを効率的に収納して、家を整頓することでしょうか? それとも盛り塩をしたり、神棚を置くことでしょうか? いいえ、違います。それだけでは、好運を招き入れて暮らしていくことはできません。なぜなら、決定的な間違いがあるからです。

 

これから順を追って「運を拓く空間づくりの秘密の設計図」についてお話ししたいと思いますが、まずはほとんどの人が無自覚にはまりこんでいる、空間づくりの罠についてお話しさせてください。あなたが良かれと思ってやっていることが逆に運を淀ませる原因になっていることを知っていただけるでしょう。

 

 

間違い①
空間づくり=インテリア選び という視点

雑誌のインテリアコーディネートは、確かにとても魅力的です。しかし、どんな素敵なインテリアコーディネートでも、家の広さが違えば、丸写しすることはできません。狭い部屋に無理やり家具を押し込んでしまえば、単に窮屈になってしまうだけです。

 

アプローチを変えて、部分的に良いところを取り入れようとしたらどうでしょう?  しかし、これもやることはインテリアを買い揃えることに他なりません。この場合も、ただ好きな家具を買い集めてしまえば、単にモノが増えてしまうだけ。気がつけば、リビングの床がソファに占領され、どこにも座る場所がないなんてことになりかねません。

 

閉鎖環境の研究に詳しい帝京科学大の篠原正典准教授(動物行動学)は、イルカやシャチなどは水族館で暮らすと寿命が3分の1程度に縮むとされ、狭い環境でのストレスが寿命の長短に影響している可能性もあると指摘しています。

 

また、宇宙飛行士と空間ストレスに関するJAXA(宇宙開発機構)研究に参加する筑波大の松崎一葉教授(産業精神医学)は「災害時の避難所や仮設住宅でも、ストレスの問題が起きている」と言っています。

 

今さら賢明なあなたに改めてご説明する必要もないかもしれませんが、モノに溢れた空間というのは、脳に入る情報量も多いですし、物理的にも精神的にもとても窮屈で圧迫感のあるもの。ただモノが多いこと自体が、ストレスの原因になってしまうものなのです。

 

そもそもモノが多いと掃除もしづらくなりますから、どこか不快な感じがするもの。これでは、ゆっくりくつろげないのではないでしょうか?  空間づくり=インテリア選びだと理解すると、とんでもなく人生を損なってしまうリスクを背負うことになるので注意が必要です。

 

 

間違い②
収納で家が片づくという幻想

では、モノを機能的に収納して、できる限り居住スペースを確保したら、開運空間になるでしょうか? 残念ながら、答えは「NO!」です。

 

あらゆる隙間にモノを詰め込むように工夫して収納していくと、確かに大量のモノを効率的に収納することができます。しかし、これをやると、モノが取り出しづらく、仕舞いづらくなってしまうのです。収納がしっかりしていればしているほど、何を出すにも、仕舞うのにも、とにかく面倒。モノを出すたびにストレスを感じ、仕舞う度にストレスを感じることになります。そして何より、その余計な収納用品で空間とあなた自身を圧迫することになるのです。

 

可能な限り多くのものを収納しようと大金をはたいて大収納の家を建てる方も多いですが、スペースがあればあるほどモノというのは手元に残ってしまうもの。結果、多くの家庭が、「モノが取り出しづらくて仕舞いづらい、ストレスの溜まる大収納」(つまり、もっとも大きなストレス)を抱え込んでしまうことになるのです(しかも、住宅ローンも大きくて、重たいという負担増)。

 

こんな状態では、もちろん掃除は行き届きません。目の届くところは掃除できますが、収納スペースのあたりはほこりが密かに堆積。だから、毎日掃除をしているのに、なぜか家中が埃っぽい。しかも、それに無自覚だから、よくわからないうちにご主人やお子さんが咳き込んだり、風邪を引きやすくなっている、、、という皮肉なことすら起こりえます。実際、やましたは悪循環に陥っている方をたくさん見てきました。家が埃っぽいことに気づくことなく、空気清浄機を使っている。それによって逆に家が狭くなってしまっている。そんな皮肉なことが起こってしまうのです。

 

モノが取り出しづらくて、仕舞いづらい。何をやるにも、手間がかかる。モノはたくさん収納できたとしても、小さなストレスがたくさん発生するので、生活がシンプルにならない。余計なイライラを抱えたり、もっと重要なことに集中できなかったりする。しかも、家が埃っぽくなり、掃除がしづらい。一所懸命に家事を頑張ってるのに、なかなか上手く暮らせないので、やることが全く減らない。こんな悩みに直面している几帳面な収納大好き主婦を、やましたはたくさん見てきました(実際、断捨離トレーナーには、こうした元「収納名人」がとても多いです)。

 

収納は、あなたに安らぎを与えてくれるでしょうか? 大収納の家は、あなたの人生を豊かにしてくれるのでしょうか? 今日の疲れを癒やし、明日を生きるエネルギーをチャージできでしょうか? 答えは、ハッキリしているのではないでしょうか。

 

 

モノと一緒にストレスのたまる家とは

あなたもお忙しいでしょうから、端的に言います。インテリア選びや、収納では、良い空間はつくれません。なぜなら、モノといっしょに、ストレスを溜め込んでしまうからです。実際に、インテリア選びにしても、収納にしても、モノが増えていくと、維持や管理が大変です。 モノが多いと管理に労力がかかるし、時間も取られます。効率的に片づけるために家具やグッズを買ったり、大収納の家を買ったりとお金もかかります。モノを取っておくために、時間、空間、エネルギー(お金を含む)を使ってヘトヘトになってしまいます。モノと人生、一体、どっちが大切なのか。これではあなたの人生がもったいないのではないでしょうか。

 

あなたは、家族がゆっくりと過ごせる良い空間をつくろうとして、インテリアを買い入れたり、モノを収納しているのかもしれません。しかし、そこのことが無自覚なままに、肉体的あるいは精神的なリスクを犯してしまっていることを知ってください。しかも、懸命に頑張って、毎日のようにリスクを犯しているのだと理解してください。

 

もちろんですが、盛り塩をしたり、神棚を置いても、【招運空間】にはなりません。それらで運が上がったとしても、他の要素であなたが空間の運を落としていたら、それで相殺されてしまうからです。素敵な家電を買い揃えることでもないこともおわかりですね? ロボット掃除機のルンバを買ったところで、動くスペースがなければ、タダの飾りにすぎません。

 

 

モノが少なければいいの?いいえ、違います!

いいえ、それも違います。 極論ですが、もし、何もない空間で暮らしたら、あなたは暮らせますか? 生活に必要な道具がなければ、暮らせませんよね。何をするにも手間がかかってしまい、逆に疲れてしまいますよね。   

 

それに、空き家みたいな家に住んでいたら、それこそ寂しいですよね? 女性だったら、洋服を買って、元気をチャージしたいですよね? 雑貨も置きたいですよね?  元気になれるものを買ったり、家に置いたりするから、元気になれるんですよね? 家に全く潤いがなければ、何のために生活しているのか、わかりません。何があっても少ないモノで暮らす我慢比べが目的なら、それでもいいかもしれません。しかし、それは本来の家の目的とは異なるものです。修行がしたいなら、しかるべき場所に行って出家すればいいのです。ただモノが少ないだけだと、エネルギーをチャージできません。逆に、余計なストレスの原因になってしまいます。

 

ただ、モノを捨ててしまえば、空間はスッキリするかもしれませんが、不便であれば暮らすことができません。それに潤いがなければ、心のエネルギーを充電できません。いくら家がスッキリしていようが、そこできちんと暮らせなければ、意味はないのです。

 

 

やましたひでこに見えていて、
あなたに見えていないもの

ストレスを溜めずに暮らせる、それでいてあなたをパワーアップしてくれる空間。そんな【招運空間】を手に入れるには、どうしたらいいのか?  その答えは、とてもシンプルです。2つの原則を実行すればいいのです。この2つを実行するのに、家の広さは関係ありません。お金がかかりませんから、収入が問題になることはありません。能力や経験も必要ありません。誰でも、いつでも、実行可能です。その2つの原則とは、、、、

 

まずひとつ目は、「考え方」を変えることです。良い空間を作りたいなら、モノを見てはいけません。モノではなく、「モノが置かれていない余白の空間」にフォーカスしてください。たとえば、ホテルが快適なのは、そこに置かれているソファや照明が素敵だからではありません。ゆったりとした空間が確保されているから、家具が素敵に見えるのです。自宅をパワースポット化したいなら、モノに焦点を当ててはいけません。モノを置いたり、飾ったりすることではなく、「空間をつくる」という哲学が必要になることを知ってください。

 

あなたは恐らく、これまで空間を意識的に見てきたことはないでしょう。部屋や家というと、モノを見てきたのではないでしょうか?しかし、プロは違うのです。とくに、デザインに関わるプロは、違います。余白を意図的に活用していくのです。たとえば、雑誌のデザインや本のデザインは、どうでしょうか? 文字やイラストを使ってキレイにデザインされていますから、素人はついそうした工夫に目が行ってしまいます。しかし、プロのグラフィックデザイナーは、モノが引き立つように「どこに、どのような余白をつくるか」に焦点を当てているのです。そして、だからこそ、そのモノが生きるのです。おわかりいただけましたでしょうか? この余白に焦点をあてるということが、【招運空間】をつくる上でとても重要な原則になります。

 

 

もう1つの重要ポイント

そして、もうひとつの原則があります。少ないモノで、豊かに、楽しく暮らすことです。これが非常に重要です。

 

なぜなら、室内環境は、室内にいるだけではつくれないからです。モノを少なくして、空間の余白を作り出したとしても、そこできちんと暮らせなければ、住まいではありません。モノが少なかったとしても、何かと不便ではストレスなく暮らすことはできません。また、潤いや豊かさを感じられなければ、心のエネルギーを充電することができません。こうした問題を解決するには、少ないモノで、手間なく(つまり、ラクして)、豊かに暮らための技術が必要になってくるのです。

 

空間づくりの本当のポイントは、ダイエットと同じで良い住まいづくりに取り組み続けること。しかし、無理なく、ラクに、それでいて楽しい住まいにならなければ、続けることは不可能。だからこそ、手間なく、それでいて、豊かに暮らし続けるための技術が必要になります。このプログラムであなたに一番学んでいただき、やましたの例を参考にしてもらいたいのは、この部分になります。

 

これには買い物や、外出時の荷物の選別などの数々の意思決定が含まれます。住まいとはつまり、その多くがあなたの家の外によってつくられるもの。「家は、家の中だけで作られるものではない」というやましたの考えをご理解いただけましたでしょうか?  

 

ここまでの話を整理します。

 

自宅をパワースポットにするには、①空間をつくりだす哲学、②少ないモノで、手間なく、豊かに暮らす技術。この2つが重要になります。そして、これこそが、やましたが言う、「運を拓く空間づくりのための秘密の設計図」です。

 

【招運空間】づくりの本質は、モノの配置や収納ではないということ。30年の現場経験のなかで辿り着いた、やましたひでこの教訓です。

 

そして、この教訓から生まれた「招運生活の秘密の設計図」をお伝えするのが、私が今、あなたにこの手紙を書いている理由です。あなたの自宅をパワースポットにするために、モノをどこまで減らしていけばいいのか、そしてその空間でどう暮らしていけばいいのか。30年のコンサルタント経験から辿り着いた私の蓄積をあなたに伝授したいと思います。

 

この秘密の設計図があれば、パワースポットなんて必要ありません。やましたは決してパワースポット巡りを否定していませんが、せっかくパワースポットに行って良い気をチャージしたとしても、自宅で運を落としてしまえば、元の木阿弥。むしろ、お金の無駄。大切なのは、非日常よりも日常生活。その日常の空間を【招運空間】に作り変えるための方法を、あなたに伝授させていただきます。以下、断捨離事務局よりご案内させていただきます。

発表!断捨離実践プログラムシリーズ第3弾
「ストレスを断捨離するための空間の作り方」とは

 

断捨離事務局です。

 

このプログラムは、やましたひでこの集大成6部作・断捨離実践プログラムシリーズの第3弾になります。断捨離実践プログラムシリーズは、やましたひでこが30年以上にわたって蓄積してきたフレームワーク(知の枠組み。専門性を伴った視点)を学べる講座です。断捨離検定1級のテキストになります。そして、断捨離検定1級取得者のみが、断捨離トレーナー講習の受講資格者になります。つまり、断捨離を体系的に学んでプロになりたい方、あるいは、体系的に学ぶことで人として成長してゆきたい方のためのプログラムが、この実践プログラムシリーズになります。

 

第1弾では、「捨てられない」という心理について体系的に解説しました。片づけたいのに片づけられないのは、モノを捨てられないから。そして、モノを捨てられないのは、その理由にある真相の心理について理解できないから。第1弾では、豊富な事例やストーリーを踏まえて、こうした心理について理解を深めました。

 

第2弾では、幸せになるための捨てる技術を解説しました。捨てる作業は簡単ですが、捨てると決心することは、大切なこと。捨てて後悔しないようにするためには、そして後悔によって片づけられない状態に戻らないためには、これからの人生に何が必要で、これからどうありたいのか自分の心と向き合って確認する必要があります。そのためのプロセスをステップバイステップで解説したのが、第2弾です。

 

そして、第3弾では、モノを減らすことがいいことはわかっているが、どこまで減らせばいいのか。減らした環境の中でどう暮せばいいのか。どんな点に注意しないとリバウンドしてしまうのか。やましたひでこの自宅や断捨離トレーナーを例にしたケーススタディーを用いて、少ないモノで、手間なく(ラクして)、豊かに暮らす方法を「見てわかかる」形で解説していきます。実のところモノを捨てられない人は、捨てることで生活がいかに豊かになるのかイメージできない方がほとんど。これを学ぶことであなたは、断捨離がさらに加速し、モノを捨てたい、少ないモノで、豊かに、それでいて、ラクに暮らしてストレスを溜めないようにしたいと思うようになるでしょう。つまり、このプログラムであなたは、

 

  • どこまで減らば幸せになれるのか?
  • モノが増えないためには、何を基準に行動すればいいのか?
  • 具体的に、どの部屋をどう使っていけば、ラクに楽しく暮らせるのか?
  • 少ないモノで豊かに暮らすための哲学や理論
  • やましたひでこや断捨離トレーナーの事例

 

を実例を見ながら、具体的に、わかりやすく学ぶことができます。そして、もう1つ重要なことがあります。

 

 

なぜ、やましたひでこの秘密をコピーできるのか?

それは、やましたひでこの住まいづくりの哲学を深く学べることです。過去にやましたは自分の住まいづくりやライフスタイルについて雑誌や書籍で解説したことはありますが、哲学について深く掘り下げて解説することはありませんでした。そもそも哲学とは、モノをシンプルに理解するための原理原則。これをお伝えすることこそが、やましたの本来の目的ではあるのですが、雑誌や書籍の場合はこうした部分は「理屈っぽいので女性には不向き」等の理由で、カットされていました。しかし、哲学がなければ根本的な考え方がわかりません。根本的な考え方がわからなければ、居住空間や人数などの条件が異なるあなたに、やましたひでこの設計図を再現していただくことはできません。ですから、このプログラムでは、見ていただいたあなたが単にやましたの生活を真似るだけでなく、あなた自身があなたらしくアレンジできるよう、哲学をたくさん語った次第です。この哲学こそが、今回のプログラムを文字通りの意味で「開運空間づくりの秘密の設計図」にするもの。じっくりと理解し、あなたの生活にお役立てください。

 

つまり、このプログラムで学ぶことであなたは、やましたひでの自宅や断捨離トレーナーの自宅を実際に自分の目で見て学べる上に、理論がしっかり学べるので、やましたやトレーナーと部屋の広さや住んでいる環境、家族の人数などが違っても、同じように再現できるようになります。さらに、部屋ごとの使い方を始めとした暮らし方についても詳しく学べます。見て学べて、深い考え方も理解でき、ちょっとしたコツまでゲットできるのが、この第3弾です。

 

このプログラムは、モノを捨てられない人、捨てる決心ができない人にも参考になるはずです。このプログラムであなたが学ぶのは、断捨離の3ステップ、①気づく、②捨てる(良い捨て方をする)、③調える(良い暮らし方)の3ステップですが、、、、、、

 

(なお、断捨離には、この他「俯瞰する」という、3ステップ全体を検証するステップがあり、これを合わせて4ステップになります。俯瞰については、第4弾で解説します。思考力がパワーアップするので、断捨離の3ステップに切れ味が増します。第5弾は、この4ステップを使って、心の奥を断捨離する方法を解説します。あなたの人生を支配する本当の問題に自覚的になれます。第6弾では、あなたの思考や心に影響する人間関係について、掘り下げます)

 

最終的なゴールがイメージできるので、初心者の方は、何をやればいいのか良い目標ができるのです。もちろん、ある程度、断捨離が進んでいる人、あるいは、断捨離が停滞気味の人が断捨離を加速させていくのにも、役立つはずです。つまり、誰にでも役立つプログラムなのです。

 

知識は、力なり。確かに、行動は最も重要ですが、正しい知識、正確に事実を見抜くフレームワークが備わっていなければ、無駄な努力、無駄な時間が増えていくだけです。人生が300年や500年くらいあれば、どんどん行動して今後の課題を見出していけばいいのでしょうが、私たちの人生はわずか90年。それでは、発見できることも限られます。できるだけ若いうちに知識という武器を手に入れたほうが、人生の可能性が広がることは言うまでもありません。

プログラムの詳しい内容は?

このプログラムでは、開運空間づくりに必要な哲学(考え方)と、それを実現する開運生活のためのライフスタイルを解説しました。事例を使って、しっかりと考え方を説明しているのが特徴です。特に哲学の部分は、「女性向けではない」ということで書籍などではカットされてしまう部分。しっかり学んでいただきたいと思います。以下、詳細です。

 

プロローグ

あなたの自宅をパワースポットにする方法:あなたを幸せにする家ダメにする家

 

ストレスのない開運空間づくりとは、インテリア選びではありません。盛り塩や神棚を置くことでもありません。あなたの家という空間を「人生を切り拓く」ための「住まい」に変えるために必要な条件とは何か?そのためにやるべきこことは?一般の人がついやってしまいがちな間違いとは何か?自宅をパワースポットにするためにやってはいけないこと、そして、やるべきことについて学びます。

 

プロローグであなたが学べること

  • 断捨離が定義する住まいの4段階とは?  これを知らないと、知らない間にゴミ屋敷の住人になる?
  • 始める前に知っておきたい断捨離の3ステップ。無駄な遠回りを避けるために必要なこととは
  • あなたを幸せにする「良い空間」、不幸にする「悪い空間」。ほとんどの人が気づかない違いはここ
  • なぜ、モノを置いても「開運空間」を作れないのか? 知らないと損する決定的なポイントとは
  • 断捨離の空間づくりの2つのガイドライン。なぜ、この2つが重要なのか? 何を人生にもたらすのか?
  • あなたの自宅をパワースポットに変えるために、やましたひでこが気づいた暮らし方の原則とは?ーー他

 

PART 1

美しい空間づくりの戦略:人生に変化をもたらす「7-5-1の法則」とは

 

断捨離すると心が軽くなるのはわかっても、一体、どこまで断捨離すればいいのかお悩みの方も多いのでは?  PART1では、やましたひでこの自宅映像や暮らし方を事例に、断捨離のガイドラインである「7-5-1の法則」の実践テクニックについて学べます。「事例を見ながら」学べるので、少ないモノで豊かに、手間なく暮らすために、やってはいけないこと、やるべきことが心の底から納得できます。今後の住まいづくりのヒントを学べます。

 

PART1であなたが学べること

  • 快適空間をつくるためには、何をどこまで減らせばいいのか? なぜ、そこが基準になるのか?
  • モノが少ない美しい空間が、あなたの人生に与えてくれるものとは? 
  • ストレスのたまる家、ストレスがたまらない家、違いが生まれるのは、ここに気づけるかどうか
  • あなたの「住まい」を「自在空間」に変えるために、あなたがやるべきこと、やってはいけないこと
  • 住んでいて疲れがたまる家、あなたが気づいていない「◯◯の通り道」という考え方
  • <実録>やましたが「7-5-1」に辿り着くまでに経験した「家族の戦い」とは
  • やましたひでこのクローゼットの使い方。こう考えると、洋服の断捨離がスムーズに進む
  • やましたひでこの食器棚の使い方。こんな発想だから、料理がラク。ストレスもたまらない
  • やましたひでこのキッチンの使い方。本当のポイントは、「あるもの」ではなく、「ないもの」
  • ただモノが少ないだけでは暮らせない。手間なく、ストレスなく暮らすためのちょっとした工夫とは
  • なぜ、これがないと、住んでいても不幸なのか? あなたを不幸にするダメな空間とはーー他

 

PART 2

美しい空間づくりのためのケーススタディ:あなたのライフスタイルに合わせた空間づくりの事例集

 

あなたの人生をつくるのは、「家」や「モノ」ではありません。スッキリ空間を作り上げるまでの過程での選択や決断が非常に重要。PART2では、やましたひでこや断捨離トレーナー4人の事例を参考に、モノを減らす過程でどんな発見をしていったのか。そして、どう人生を変えていったのかを学びます。それぞれの自宅映像を見ながら、捨てる決断や、人生の決断についてケーススタディで学びます。

 

PART2であなたが学べること

  • なぜ、キッチンテーブルの上に新聞やパソコンを置いてはいけないのか?   正しい「水平面」の使い方とは
  • やました断捨離ハウスのキッチン、少ない食器で豊かに手間なく暮らすための目からウロコの発想
  • 「片づけられないダメな私」と自分を責めていた北林さん。クローゼットの断捨離で発見したこととは?
  • なぜ、北林さんは実家の断捨離に成功したのか?  母と娘の距離を縮めたものとは?
  • 大収納の家で暮らしていた藤原さん。なぜ、大収納の空間は、ストレス空間になったのか?
  • 断捨離で親子の絆を取り戻した藤原さん。こんなモノを捨てたことで、人生を切り拓いた?
  • 夫が単身赴任で2世帯住宅で義父母と同居。小島さん宅を快適空間に変えたリビング&キッチンの秘密
  • 小島さんの家をストレス空間にしていた本当の問題点。そして、足りなかったものとは?
  • 断捨離して離婚を決断した丸山さん。モノを手放すことで見出した発見
  • 丸山さんが本当に捨てたモノ、捨てたことで手に入れたモノ
  • 離婚した夫の家具を捨てられなかった横山さん。家具に張り付いていた本当の想いとは?
  • なぜ、横山さんが断捨離したことで、娘さんが笑うようになったのか? 何が起こったのか?
  • 美しい空間づくりを通して成長するための3つの要素とは何かーー他

 

PART 3

効果的で機能的な暮らし方の戦略:「3分類の法則」で空間づくりの効果が倍増

 

モノを手放し、家をどんな住まいに変えていきたいかには、今後の人生へのビジョンやそのための作戦が非常に重要になります。どう生きたいのかをハッキリさせ、そのなかでどう暮らしたいのかを細かくイメージし、それぞれの空間の目的について明確に定義できなければ、具体的な行動をリストアップできないからです。ここでは、今後の人生のビジョンを定め、暮らし方をデザインする上で欠かせない「3分類の法則」と、その具体的な手順を学べます。やましたひでこになる方法について、詳細に学べます。

 

PART3であなたが学べること

  • ストレスなく、楽しく暮らすための「3分類の法則」の使い方とは
  • なぜ、2分類や4分類ではなく、3分類なのか? このシンプルな理由がわかれば、視界が広がる
  • あなたの思考に制限をかけていた、気づいていなかった思考の習慣とは
  • やましたひでこ流、人生が効果的に機能するためのキッチン設計の戦略
  • 3分類の法則が実現する「細分化」という作戦。細かく分解すれば、可能性が見えてくる
  • 3分類の法則を使いこなすための3つの考え方。これを知らないと絶対に損!
  • 実は、空間以外にも応用可能。たとえば、生き方に応用することで、こんな問題が解決する
  • お金、情報、言葉。これらを3分類することで、あなたの人生の何が見えてくるのか?
  • 3分類の法則を3分類することで見えてくる「新しい視点」。これが人生の可能性を広げる
  • 失敗しがちな3分類の法則の使い方。あなたがやるべきこと、勘違いしてはいけないことーー他

 

PART 4

「3分類の法則」の活用事例:自宅をパワースポットにするための暮らし方の工夫

 

賢明なあなたならご納得いただけると思いますが、住まいづくりとは、モノの配置ではありません。その家でどう暮らすのか。つまり、暮らし方がとても重要です。同じ家という空間でも、暮らし方によってはゴミ屋敷になりますし、極上の開運空間にもなります。あなたの自宅を開運空間に変える暮らし方について、やましたひでこの事例を用いたケーススタディで学びます。「3分類の法則」の使い方が、腑に落ちるようになります。

 

PART4であなたが学べること

  • 寝室の3分類。あなたにとって寝室の役割とは何か? 効果的な使い方とは?
  • やました家のリビングを「疲れない空間」にしている、たった1つの意外すぎるポイント
  • キッチンの3分類。本当に必要な家電、本当は不要な家電の線引のラインとは
  • クローゼット&洋服の断捨離、「2カ月の法則」を知っていると、ラクで簡単
  • 玄関の3分類、快適に、豊かに、しかもラクチンに暮らすためのポイントはズバリここ
  • 家づくりに実は重要なバッグの使い方。やました式のシンプルな方法が、あなたの不安をラクにする
  • 家とは何か? そして、人生とは何か? その答えを見つけるために効果的な3つの視点ーー他

 

エピローグ

あなたは空間とどういう関係を結んでいるのか?

 

自宅をパワースポットに変えるための条件とは何か? あなたがやってはいけないこと、やるべきことは何か? 開運空間づくりの全体像を総合的に復習します。同時に、「開運空間づくり」が断捨離全体の体系のなかでどういう位置取りになるのか等を学びます。全体像が整理できます。

 

エピローグであなたが学べること

  • あなたの家づくりを豊かにするもの、足りなかったもの
  • 空間に命を吹き込み、家を住まいに変えるために必要な条件
  • 自宅のパワースポット化があなたにもたらす恩恵
  • パワースポットづくりのための3つの力
  • 気づく力を効果的に育てるための視点
  • あなたが成長するために機能する良い捨て方、そうじゃない捨て方
  • あなたの自宅を良い空間にするために必要なこと
  • 俯瞰力がなぜ、重要になってくるのか?
  • なぜ、家族との関係が断捨離にとって重要な意味を持つのか?
  • 人生を切り拓いていくために必要な姿勢とは
  • 運命があなたに味方してくれる瞬間ーー他

このプログラムがあなたに役立つ4つの理由

理由1

運のいい家づくりを、「見て」学べる

 

このプログラムでは、石川県にあるやましたひでこの自宅や東京の仕事場、断捨離トレーナーの自宅を参考に、少ないモノで暮らすための工夫が「目に見える」形で解説されています。「どこまで減らせばいいのか?」を迷っている人にとっては、「見て学べる」のでとても参考になるはずです。また、そこに辿り着いたそれぞれのストーリーも学べます。何をやればいいのかハッキリして、一気にモチベーションが上がるでしょう。

 

 

理由2

やました式「開運」哲学を実行できる

 

やましたや断捨離トレーナーの家を例に「目に見える形」で家づくりを学んだとしても、実際にあなたが同じようにできなければ意味がありません。ですからこのプログラムでは、少ないモノで、手間なく、豊かに暮らすための「暮らしの技術」や「哲学」を深く掘り下げて解説しています。完全にコピーできなかったとしても、同じような発想の家で暮らせるように、つまり、やましたやトレーナーと違う居住条件で暮らしていたとしても、あなたがあなたらしく、自分の人生を切り拓いていくための暮らし方をデザインできるようになります。仮に環境が変わったとしても、いつでも、何度でも、自分らしく開運空間を作れるようになります。

 

 

理由3

日々の生活がラクチンでストレスフリーになる

 

繰り返しになりますが、このプログラムでは、やましたひでこが30年の経験から蓄積してきた「少ないモノで、手間なく、豊かに暮らす方法」が解説されています。ただ単にモノを減らしても、暮らしづらければ意味はありません。何をやるにも手間をかけないと暮らせないようでは、昔の人の生活と同じ。時間や労力が取られて、忙しい私たちにとってはストレスの原因になるだけ。やましたの戦略と戦術を学ぶことであなたは、これまでのように窮屈な思いをせず、時間や労力を取られることはありません。暮らしのストレスを断捨離し、効率的で、それでいて潤いのある暮らしができるようになります。

 

 

理由4

ごきげんに暮らせる(つまり、幸せ)

 

モノの溢れた圧迫感、窮屈さ、モノの出し入れや掃除の手間、こうしたちょっとしたストレスは、あなたの脳や心に少なからず緊張感を与えているもの。そして、それが得てして、あなたのイライラの隠れた原因になっているもの。やましたの暮らし方を学べば、そんな緊張から見事に解放。「あそこを片づけなくちゃ」「掃除が大変だなぁ」と暗くなることは不要。いつ誰が訪ねてきても大丈夫なので、誰かを招くにあたって負担を感じることもありません。あなたの精神状態のレベルがごきげんのほうにグイッとレベルアップします。いままでより明るい気分で暮らせるようになります。目がくらむほどのキラキラ光線を発するあなたに変身できることでしょう。

 

このプログラムで学ぶ方法なら、お金はかかりません。パワースポットに行ったり、高い洋服を買ったり、大収納の家を建てたりすれば、それだけで数百万円になります。しかし、これだとほとんどお金がかかりません。しかも、一生使える技術です。

ちょっと待ってください。
私たちは、結果にコミットしたいと思っています。

ですから、「私たちは結果にコミットします宣言付き、完全返金保証」という保証をつけさせていただきます。

断捨離実践プログラムシリーズ第3弾「ストレスを断捨離するための空間の作り方~あなたの自宅をパワースポットにする方法」に参加していただくことで、あなたは、やましたひでこや断捨離トレーナーの例を参考に、目に見える形で「開運空間づくりの秘密の設計図」を学ぶことができます。また、少ないモノで、手間なく、豊かに暮らす方法、つまり、リバウンドしないで暮らす技術を学ぶことができます。どれも、いつでも、誰にでもできる、再現性のある方法です。あなたの人生を切り拓いていく「資産」になることは間違いありません。

 

しかし、こうしたプログラムに参加すること自体が初めてで、少し不安に感じる方もいらっしゃることでしょう。確かに、このプログラムは、やましたひでこの30年の蓄積を凝縮した集大成です。手間なく、豊かに暮らすための目からウロコの戦略と戦術が解説されていると確信していますが、実際にあなた自身に学んでいただかなければ、あなたに合う内容かどうかはわかりません。このプログラムが素晴らしいかどうかを決めるのは、あくまでもあなた自身。そこで、1人でも多くの方に安心して参加していただき、素晴らしいかどうかを体験していただきたくて、100%返金保証をつけさせていただくことにしました。結果にコミットするための、「私たちは結果にコミットします宣言付き、完全返金保証」です。

 

この「私たちは結果にコミットします宣言付き、完全返金保証」があれば、あなたにリスクはありません。やましたの「開運空間づくりの秘密の設計図」を学んでいただいて、「スッキリした空間」「ごきげんな暮らし」、そして、「人生の新たなステージ」を経験していただくか、全額が返金されるか、そのどちらかしかありません。そもそも、やましたひでこは、テレビや新聞、出版等でも活躍する有名人。多くの弟子を抱える「やましたひでこ断捨離塾」の塾長でもあります。やましたひでこと共に歩んできた経営科学出版が決して、約束を破ることはありません。もちろん、返金させていただいた場合でも、返品は不要です。お役に立てなかったお詫びに、どうぞお受け取りください。

 

また、面倒な手続きは不要ですし、あなたに不快な思いをさせないこともお約束します。以下の連絡先に電話かFAXかメールでご連絡いただければ、すぐに解約できます。あなたを困らせるような質問をすることもありません。「申し訳ございませんでした」と丁寧にお詫び申し上げ、淡々と返金手続きをさせていただくことをお約束します。

 

【経営科学出版株式会社 カスタマーサポートセンター】
1:メールでの連絡:support■■keieikagakupub.com(■■を@に置き換えてください)(24時間受付)
2:FAXでの連絡:06-6268-0851(24時間受付)
3:電話での連絡:06-6121-6211(平日10時~17時受付)

 

※メールはまれに届かない場合があります。2営業日以内に返信がない場合は、FAXかお電話でお知らせ下さい。

 

もし、このプログラムがあなたの人生に役立つのであれば、あなたは様々な技術と哲学を手に入れ、スッキリした気分で豊かに、それでいてラクに暮らせる、ストレスのたまらない「開運空間」を手に入れることができます。さらに、断捨離検定を取得し、断捨離トレーナーとなって、新たな夢へと人生を一歩進めることもできるでしょう。一方、もし仮にプログラムが役立たなかった場合には、100%全額を速やかに返金いたします。つまり、このプログラムに参加するにあたって、あなたにリスクはまったくありません。あなたが失うものは何もありません。

価格は?

大まかに分類すると、お金の使い方は、3つのタイプに分類することができます。投資、消費、浪費の3タイプです。

 

まずひとつ目の投資とは、将来の所得を稼いだり生活をデザインするための支出です。住宅建設なども、投資になります。つまり、今後の人生を生きるためのお金の使い方です。子供の学校教育なども、投資にあたります。豊かになるためのお金の使い方だと言えるでしょう。

 

そして、二つ目が、対価を払って満足を得るための消費です。今回のプログラムに参加することは、、あなたの住まいを開運空間に変える投資になります。一般的に「お金を使う」という場合は、消費にあたります。洋服を買ったり、食材を買ったり、外食をすることです。

 

そして、3つ目が、浪費です。これは正規の会計用語ではありませんが、無駄にお金を使うことが、これにあたります。洋服を買ったのに着なかった。ギャンブルする。暴飲暴食をする。使わないものを買ってしまう、、、こういったことが、浪費に当たるのではないでしょうか?

 

もちろんですが、投資にお金を使う人、つまり教育や環境整備に使う人は、その後の生活が改善する確率が上がりますから、どんどん豊かに暮らすことができます。私たちは日本という豊かな国で暮らせていますが、それが可能なのも、過去の日本人が教育やインフラに投資し、経済を発展させたためです。消費は満足を得ることができますが、生活が豊かになっていくかどうかは未知数。必需品や消耗品の補給という意味合いが強いお金の使い方になります。浪費については、説明の必要はありませんね。後悔を生んだり、人生を損なっていくお金の使い方です。

 

それでは、今回のプログラムは、あなたにとってどんな意味を持つでしょうか?私たちはもちろん、人生を豊かにするための投資だと理解しています。

 

前置きが長くなりましたが、このプログラムの通常価格は、39,800円になります。オシャレなコートを買ったり、旅行に行けたりする金額ですが、そうした費用は、毎年かかります。対して、プログラムに参加することは、投資。一度、参加すれば、死ぬまで使えますし、あなたの人生を豊かにします。この先、20年、30年使い続けるとしたら、1年あたり2,000円もしません。もちろん、これをどう解釈するかはあなた次第ですが、費用対効果を考えると、安心で確実な支出ではないかと思います。

どちらの人生を選びますか?

マザー・テレサは、言いました。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザー・テレサ

 

家づくりは、あなたの環境そのもの。そして、そのなかでの暮らしとは、習慣です。つまり、どちらもあなたの運命を決めること。スッキリした空間で、豊かに、手間なく暮らすことで人生を切り拓くのか。それとも、これまでの生活をそのままコピーし続けるのか。あなたは、どちらの人生を歩いていきたいとお考えですか?いずれにせよ、それを決めるのは、あなたです。最後に、やましたひでこのメッセージをお届けします。

 

お申込みは、簡単です。

それでは、準備ができましたら、以下の「今すぐ、開運空間づくりの秘密の設計図を手に入れる」をクリックして、必要事項をご記入の上お申込みください。

 

決済完了後にお申込み内容の詳細確認のメールが届きます。

 

断捨離実践プログラムで人間心理を深く学び、「正しく現状を理解する」ための視点を手に入れ、豊かな人生を歩んでください。

これから先の人生を快適で、充実なものにするための一歩を、今日から踏み出してみてください。

 

※上記ボタンからの申し込みはクレジット決済となります。